スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たのしい季節 

春より草丈が伸びて、追求が益々面白い時期だな~なんて楽しんでたのに
あっという間に草刈りの時期になっちゃった。
公園に行けば、どこかしらで草刈り機が活躍してて、時々追求目的に行っ
たものの刈った草の匂いが強くて使えないなんてザンネンな日も。。


IMGP8298.jpg
ボーボーな野道。
練習終わってから、ここをブラブラ遊び歩くのが好き(^^



ここ2ヶ月の追求で。


雑草も芝も、冬の間は草丈が踝の高さもないけれど、春~初夏の雑草
は踝より少し上かそれ以上~膝より上丈になってきて、追求するラビ
子にもそれぞれ違った行動が見えて来る。

草丈が膝上位だと追求には深過ぎるのだけど、印跡した所がほぼ道状
になってて犬には分りやすい(人には印跡が見えて楽)やりたい内容
によっては選んでそこを使ってみたり。。
逆にそうゆう場所から、普段から慣れている短い草丈にコースを繋げ
てみると、途端に気持ちが楽になってしまうので、コントロールの
言葉やタイミングも考えるし、エサの使い方も今ここにある一歩一歩
により注意を払う様に考えたりする。

草の種類によっては(菜っ葉みたいなの)踏んで印跡しておいても
そこを回避しようとして、いつも探しながら頭を振るのとは違って
「あ、今明らかに避けたでしょ?」って避け方をする。

ラビ子の好きなクローバーでも踝より上丈のひょろ~っと長いのが
みっしり生えてて地面が見えない様な所は避けたがってラインの10
センチ横を通ろうと(地面の条件は踏んだ所と変わらんのに~)カオ
を横にしたり、深い所に顔を入れないで鼻だけスッポンスポンしてた
り。。どれも草丈や条件の違いにあまり慣れてないから。
こうゆうのって、その場で「違うよ」って教えるのか、慣れてない経験
を別の場面でさせて慣れに変えて行くのか。。ノートして先生に見て
もらう日に質問。


普段私が意識して避けてる場所(この時期は山陰に近い草地の深い
所はダニが多いので避ける)もあるし、普段の練習場所のバリエー
ションが豊かでないから偏りは出て来ちゃうけど、それで気が付く事
や発見があって面白いやら課題もあるやらで、先生に聞いてみたい事
が増えてきます。なんて楽しい♪

また、難しいからより集中して入り込んでる時の気持ちって数メートル
離れたリード越の後ろ姿から伝わって来て、こっそりひっそり喜ん
じゃう。


ま、慣れないものに関しては、慣れてしまいませう(^^
どんな場所でも。。なんて当分求めないけど、季節ごとに違う状況を
使って色んな状況での経験をラビ子と一緒に積んでいきたいな。


スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。