スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よくばるな 

4月の中頃に、脚側の練習でうんと細かく切って小さな部分から
煉って行くってのをしてから日々の練習で気付いたのは
「私の練習って中味を欲張り過ぎ→長過ぎ」だちゅう事。。

ついねぇ。。
近くの公園と違ってフリーでの練習がしっかり出来る場所に来ると
「せっかくここまで来たんだから、あれもこれも。。」なビンボー
根性が出てしまって、一番煉りたいのはオビなら脚側なのに色々
やってしまう。。それもしつこく。
確かに充実感(というか私のビンボー根性が満足する)はあるけど
それは私の側だけなんだよね。

普段練習しているのは、訓練で伝えたい事(主に動作)を犬に
「こうなのね」ってしっかり理解してもらいたい為なんだから
ビンボー根性であれもこれも一遍にやって、教えたいポイントを
自分からあやふやにしちゃイカン、その日やりたい事のポイント
を絞って欲張らない要にしようっと♪
そう思ってから、欲張らない様にしてるつもりだったんだけど
この前先生見てもらった日に、先輩にオビ練をビデオに撮って
もらったのを見たらば、まービンビー根性バリバリでした(笑)


脚側の練習の中での1スパンが長い、長過ぎ。
長いから、やっている事の中で犬が何を一番肯定されてるのかが
際立ちにくい。(ポイントがあやふやな練習をしちゃってる)
長いから、人も肯定したい事があれこれあって何を一番したいの
かポイントが不明瞭になってくる。
そしてダレる(ダレさせてしまう)
ダレを否定すべき部分もあるけれど、それよりも自分が一番肯定
したい事を出来た部分で一旦切って、その後の喜求性を出して
肯定してきたい所。
ヘタに粘るな。
良い所にしろ、注意する所にしろ、練習の中でそれらを捉える
自分の感覚をみがけ。


まだ細切れ練習をはしょりがちなんだね~
発揮せんでいい所でビンボー根性がキラめいちゃってる様です。。
んもー(^_^::


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。