スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幅飛び 

幅跳びって聞くと、何故か体育の授業でやった反復横跳びの
方を想像しちゃうんですけど。。
前向きで踏み切る幅跳びと全然違うのにね(^_^;

そんなアタマだから、初めて犬の訓練競技で幅跳びの文字を
見た時にはピンと来ないで「どうやって横跳びすんの?」とか
考えるマヌケさ。。
反復横跳びじゃないってのに(笑)



今、自主練で幅跳びの練習もしてます。
幅跳びの競技をする為じゃなくて、障害を飛ぶ為。
高さ90センチなら、当てずに飛べるけど(持来も付けると投げた
物への意識が強くて、行きは当てる時あり)
1メートルになると、後ろ足が当たる。
ジャンプの能力に問題があるんじゃなくって、高く飛んだ時に後
ろ足を折り畳まずに、足を後に蹴り伸ばす身体の使い方を教えて
いないから。。

地面にある深い溝や小川を飛び越す時には、後ろ足を蹴り延ばす
動きは出来ても、そこに「物と高さ」が加わるとでは意識もまた
別ものらしい。。ってか人もそうか。
飛ばせる物に奥行き幅があると、手をついて飛ぼうとするから
最初は公園の膝丈位のベンチの上にデッキブラシ(ゲートボール
場の土均しをする用に置いてあったやつ)を置いたのから。。
今はアウトドア用のイスを2つ縦方向に並べた所を飛ばせている
んだけど、どーにも後ろ足を蹴り延ばさない(笑)
意地でも畳んだままにしときたいのか?
どーやろうかな(^_^;


でもまぁ、もし良いフォームで幅飛びが出来たとしても、必ず
その飛び方が障害飛びの方で出るとは限らないし、その逆だって
ある。
この練習は、これまでやったことのない身体の使い方をする経験
をする事でいいし、それが競技とは関係ない場所でも活きる事が
あったら儲けもんじゃん♪な程度に考えてます(^^
色んな経験をする事、身体の使い方を考える経験って大事だな~
って思うから。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。