スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろいろあるさ 

先生に見てもらう日


追求では、ラインはほぼ外してないものの嗅ぎ幅が大きく
て、なんかへろへろラインだし尻尾のふれも好調。
全体的にウキウキ度が高くて、うかれ大会で。。ここ最近
見えてた良さが出なかった。
足が速くなるのが予想されるポイントでの立ち位置とリー
ドワークをつめること。


オビは、緊張とその後にある解放の期待感との差が大きい。
スキを見せなずに義務感を求める脚側の後に続く、ラビ子の
得意科目の番には、気持ちがもーツヤめいちゃってる。
緊張感・期待感は共に必要だけど、期待感も高過ぎるっちゅ
うか、緊張の反動だと雑味が出て来る危険もあり。
途中、遊びでない方法で期待感をラクにさせること。


防衛は、場面ごとに持ってる心持ちが違う様で、吠える前は
気持ちが入れ込んでる様に「やるわよ!」でも吠えれば勢い
がある様でいてどっかヤケクソ気味な吠え方だったり
ヘルパーに対して楽になってる時も出て来たけれど、相変わ
らず緊張もあったり。。なんかバラバラな印象。
この緊張も、先生曰く「他人(特に男の人)に激しく遊んで
もらうとか、いじくられ慣れてない」もあるかなと指摘。
服従の場面ではオビと違うやり方で、フスを印象づける。
プットの意味(位置)は大体分っているので、コマンドで
正しい位置で張り付いた時はもっと肯定。


どの課目でも拾いどころはあるし、悪いって程ではないの
だけど自分の「んむむ・・」って声も拭えない。。


なんかねー
訓練やってると、教えたいと思ってる動作が向上したなって
感じる時があれば、その揺り戻しが出る時も当然ある訳で。。
「なんだか振子みたい」ってよく思う。
そんでもって良い時は、中心にきた一瞬だけ!
・・みたいな(^_^;;



スポンサーサイト

コメント

その一瞬の旨みが忘れられなくて、…やっちゃうンでしょうね~v-218

*mririnさん
正に!
さすがおねえさん♪明快だわ(笑)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。