スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オビ1 

昨日はオプデスのオビ1に出てきました。

IMGP7646.jpg
らみはがむばったのー。
らみは疲れたのー。




オビ1は全科目リードなし。

脚側行進
脚側で直線40歩→反転ターン→常歩10歩・速歩10歩・
緩歩10歩・常歩10歩→右に2屈折して20歩→反転ターン
復路10歩で指示なし停座→10歩で左屈折→群衆で8の字。

常歩行進中の停座 
常歩行進中の伏臥→招呼



前回のチームテストで次回の課題にしていたこと。
・競技中・休止中はリンク内での匂い取りをさせない
・緊張して自分がコースを間違えない
・科目の合間に褒める
・少しでもマイワールド化
・ドナドナの歌みたいな顔しない


で、今回は。。
・匂い取りは、休止で伏せた時と待ってる時の2回、共に一瞬。
・今回はコースは間違えなかったけど、ペアの競技者との入れ
 替わり時に動くタイミングが分らなくて指示してもらった。
・ニカーッと褒めてたのは、もう終わる頃(^_^;)
・所々で良い所は出せてたけど、それも終わる頃。
 鈍足なマイワールド化でした。
・入る前から自分の先生に「笑顔で~」と言われる



講評
犬の脚側位置の理解度が高く、正しい位置からずれないが緩歩から
集中が低くなってターンでやや遅れる・群衆でもやや遅れ気味になっ
てしまったのが惜しい。
反転ターンでもっと密着が欲しい。
指示なし停座はもう少し早く。(遅かったのよー)
常歩中の停座・伏臥で犬の動作は問題ないが、ハンドラーが身体を
捻るようにしてコマンドしたのは体符とみなす。
状況下の休止は問題なし。

50点満点中 45点

(出来は別にして)ジャッジの先生から「いい雰囲気のペアでした」
って言ってもらえたのは、とっても一番嬉しかった♪


脚側は一番近くで見ていて中盤から「あぁ~良いとこ出せてないなー」
と感じていたです。
普段の練習でも、最初の脚側行進全般とその後の行進中2姿勢に入る時
とでは犬の集中度とやる気に大きく差があるのは先生に指摘されていて、
2姿勢で見られる良さを脚側全般に広げて行くにはどうやろうかの~?
と考えてぐねぐねしてた課題がそのまま出た。

身体を捻る体符を自分が出しているって、これまで意識していなかった
ので指摘されていい発見でした。
自分の緊張と、その下で「ちゃんとやらなきゃ」の気負いがモロに出た
のが分る。

「科目の間に褒めてるつもりで褒めてない」今回も後になってやって
ないじゃん。ワシのボケー!でした。
皆さん見てると、さらっとでもキャピッとでも褒めて気持ちを上げたり、
肯定していて、今回も「あぁ、自分はやってないなぁ」と感じたし、
緊張してるとそんな余裕もないんだなーとか、場慣れの低さもよーく分
ります。。
褒めるのは解放ではなくて、気持ちの切り替えでもある(特に今は自分
に必要かと)
今の段階は競技であっても、まだ合間に褒める事は充分に許容されるの
だから、合間を上手に使って気持ちを切り替える事や、課目に合った
気持ちに上手く持っていく事もやっていきたいな。
その辺もっと柔軟に。そして楽しむ姿勢を忘れずにね(^^

もっぺんじゃー。






ちょっと話が遡りますが、今年の5月にチームテストで競技会の
リンクに初めて出て分ったことを書いてみます。

それまで友達の誰かから聞いた、どこかの偉~い先生曰く「服従は、
どんな場所で、どんな条件でもベストな状態を引き出す」って言葉が
どーもアタマにこびりついてて、私は兎に角「失敗したくない!上手
く出来なきゃ!上手いって言われたい」って必死になっていて自分の
足下も周りも見えてなかったし、「競技会はね、出来よりも犬と一緒
に出て何かする事を楽しむのよ~♪」って言ってくれてた友人の言葉
もいまひとつピンとこなかった。。

けど、いっぺん出てみたらば、どこかの偉い先生のうん十年の経験と
戦歴の蓄積から出た言葉なんぞ、超ぺーぺーの私に当てはめるのなん
ざ無理。。っていうかおこがまし過ぎて恥ずかしいわ~!(爆)
・・・なのが理解できましたです。


初めて出た日は、コースは間違えるも(^_^:: 課目自体は無難にこな
せて終われたし、点数も50点満点中47点と悪くなかったけど・・
練習で部分的に見られるラビ子のいい所が出せなくて、へたくそなり
にすごく悔しかった。
でもね、今自分が出来るものしか出せないんだから、スキルも経験値
も浅い自分が理想論ばかり言って高望みしたって、無理があるのは当
たり前な訳です。

そりゃ良い面をピッと引き出せりゃ嬉しいし、そうなりたい。
でもプロだって失敗もあるし、失敗が悪い訳じゃない。
むしろ誘惑の多い環境でやって、出来なかった事からはその要因だと
か課題が見えて来るものだし、それを肯定的に活かして自分の身に
したいし、そうやって好きな訓練で向上することや、ラビ子と一緒に
スポーツを楽しみたい・自分の犬を知りたいというのが、私が競技に
出る目的だなと感じて、やっと友人の言う「一緒に何かする事を楽し
むのよ」って言葉に大きくうなづけました(^^


周りの先輩も「競技に出るのは良い所を見せる為でなくて、あの場に
立って見えてくる課題を受け止めて、自分に活かして行く為」って聞
いてたけど、実際自分でやってみて分ってきました。
これまで持って来た意識を改めて考えさせられたし、得るものが多くて
いい経験でした(^^


スポンサーサイト

コメント

おぉう!
ラヴィちゃま、がむばったのねぃ!

オプデスは見学していても楽しいね!
作業1つ1つが区切られてなくて、1つの流れの中でやってるでしょ?
みていてもある意味緊張感を持ったまま見てるので、楽しいです。
やってるとーちゃんもこの団体のが一番面白いねん!と言うてます。

とーちゃん曰く、
「常歩中の指示の体符はわかっててもついついやってしまうねんよなぁ~・・(苦笑い)
これを克服するには、ムチ打ち覚悟で首だけ動かすねんで~(笑)

ここは、あとの講評もしっかりと伝えてくれるから次に繋がるから有難いもんな、45点は立派は成績です!
これからも一緒に頑張りましょう!」と言うてます。

オビ2もラヴィちゃまとがむばってね~!v-218

*ぴーぽんさん
きゃー♪先輩なパパさんからも励ましてもらっちゃって嬉しいーっ
あーー、お近くだったら、ぴーぽんさん家が出場の時に大漁旗もって
応援に行くのにぃ!

ラビ子は、へなちょこハンドラーの下でがむばってくれました(^^
私がしっかりすれば、改善出来る事ばかりなので、リンクに入っても
場の雰囲気に負けないで、いつもの空気を思い出して歩ける様にした
いです。

私、競技を意識しはじめてから改めてjkcの規定や科目を見てみたけど
あの細かーく分けられた科目と順番を覚える自信がないわー(^_^;)
各競技団体によって、違う難しさや見せ所があるけど、オプデスは
シンプル&内容が詰まってるし、会場全体の雰囲気もよくて好きです。
関東でももっと普及してほしいなー。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。