スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なかなかねぇー 

ラビ子との自主練は、ほぼ毎日やっているのだけど追求と
服従の教わり始めから今も、その時点で自分が教わった
事への理解が中々追いついていかないです。

教わった事をちみちみと自主練に取り入れて試行していって
先生に視てもらうこと・アドバイスを受ける事を重ねていくと
少しづつアタマ中に理解の芽が生まれてくる。
「あ。。ちょっと分って来た?わーい♪」と、ここでやっと
考察していた疑問や質問がわらわら出て来る。

以降は2歩進んで1歩下がる様な、ぢんせいワンツーパンチ
なペースで育ち。。
今はやーっと、教わり始めの頃に言われた事を反芻して日々
の練習内容を考える様になってきた程度かな。

犬の訓練って聞いて頭で覚えるんじゃなくて、自分で繰り返
しやって肌で感じたものを、参考やビジョンと照らし合わせ
ながら考察・試行していきながら飼い主の身に付いていくのね
と感じます。
だから「訓練」なのかな。

今はそのすべてが楽しいのだけど、飼い主が理解に繋がる
のが遅いので、ちみちみ書いていきます。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。