スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボロカスな日 

追求はちまちまと自主練で安定してきてて順調~と思ってたら
追求の合同練習会でボロカス。。


練習しなれていない地面の難しさ、長い置き時間、試験を意識して
審査も付いてもらうとか、そういった初めての状況で見えたのは、
どのような場でも犬に自信を持って作業に入る様な練習を普段して
いないってこと。。

スタートしたら一切の手助けが出来ない競技なのに、犬に不安さ
があるままスタートさせてしまう。
しかも、その気持ちが下がっている状態を「落ち着きがある」と
捉えていた(まぁ確かに浮ついてはないけど)自分の観察眼の無さ
と考えの浅さにガックリ。
これまでスタートの大切さを散々言われてきてるのに、こういった
場でやっと思い知るアホハンドラー。

線を辿る事は出来ても、条件の厳しい場所でも「探す」ことを
絞っていないパターン化した練習しかしてないのも透けて見える。
工夫してるつもりでいたけど、いや~全然足りてない。
場所も、印跡の仕方も、こうした所を想定した形の取り方とか
もっと練習の幅を広げる事も必要。

などなど。。やっているつもりでいたけど出来ていない事の多さ
に気付いて、私のヒットポイントは点滅状態(T_T)
けど、全てがダメな訳じゃない。
やって来た事に、気付かされた事をプラスしていく様に考えて
また練習して行くだけ。
ラビ子、へなくそハンドラーでごめん。


自身の経験を元に為になるアドバイスをくださった方々に感謝
しつつまた頑張るぞ~♪



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。