スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さいきんの追求 

2ヶ月くらい前から、リードの距離と印跡の置き時間を伸ばしだす。

歩数は400歩位 コーナーは5歩で曲がる角を2~4つ
S字までしなくても、湾曲を入れる
草地~土(もしくはジャリ)の地面の変化する所も入れる。「追求は
草地だけ」な意識を付けない

印跡してからの置き時間は40~50分。
20分置きと1時間置きとでは難しさが段違いと言われるから、今は
その中間でしょうか。。

この置き時間で追求して感じるのは、風の強さや向い風で受ける影響
が前より大きくて、風で周囲にこぼれた匂いを拾うのか顔を振るのが
多くなったのと、変化点を見逃し易い、たまたまあった他臭に乗りや
すい。(ので湾曲をよく入れる)

間違っても2~3歩で違いに気付いて探すが、すぐ後ろの原臭まで戻る
(なんて器用なことは出来ない)ではなくそこから探す。
そこから探すのはよろしいけど、ラインから数歩外れた所辺りの既に
通った所を探すので余計に荒らしてしまう、前程ジタバタはしないも
のの次第に焦りも出て来がち。。
真面目ではあるのでそれ以上外に行かない様にリードはコントロール
して、ラインを探して戻れるのを待つ。
態度は良い。
犬との距離を離す様になってから、私に頼ろうと振り返ったり戻るの
は減ったけど、まだまだ危なっかしい。

今重要視したいのは、離れた距離でも迷った状況下でも、自力で作業
を完追させること。
自力で遂行出来る強さを育てていくこと。
なので細かい所まで要求しようとせずに、大目に見るところは大目に
みながら求めたい所を丁寧に反復する練習を重ねる。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。