スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かたより 

熱も下がって体力も戻ったし。雨もやんだし。
一週間ぶりに追求の練習を再開。
そこで、感じたのは。。

ラインを辿ることよりも、物品を探す事の方に意識が偏って
いて辿る作業の安定がいまひとつだなー。な傾向。

物品を探す事、ちゃんとポイントするのは評価出来るんだけど、
トラッキングする事よりもポイントの方に楽しさを見いだして
いて物品までの途中経路がどうも雑。。
雑って言っても鼻を落としてトラッキングはしているし、距離
の長い短いでの変化はなく、作業そのものはこなしている。
が、どうもアタマの中が「物品物品!」になっているのが行動
に出ていて足も速いし、集中の仕方も気が急いて前のめりで
しっくりこない。餌を拾っても物品ポイントしてもまだ気持ちが
前に行ってる。
気持ち的に落ち着いてない。

これが見えて、あーそう言えば、辿る時よりもポイントの方が
作業を「よし!」と肯定されてるよな。
辿ってるときの方では「ルンルンし過ぎず真面目に」と私に言
われ続けて(でも上手に伝えられてない)いるのもあるだろう。
私の教え方のバランスが悪いんだろうな。

遊んでたり道を歩いてる時みたいに興味を持ったものを嗅ぐこと
や、情報収集する楽しさから嗅ぐ辿るのと、この作業はまた別物
だと理解している所もある。

難しいのねー。。

翌日は先生に見てもらう日だったので、それも見てもらって
今週からは物品抜いて初歩でやってたのに近い状態で「辿る」
こと重点に練習している。
練習内容の全てを戻した訳ではないけれど、なんかこう。。
人性ゲームで言うなら「たいふうで飛ばされて、スタートに
もどる」みたいか?(^_^;)




スポンサーサイト

まけない 

この前の競技で、出番の前に言われたことば。



リンクに入る前に、スタッフの方に名前を確認されて入り口近く
で待っている。
この時に、いいアイドリング状態に持って行ける様に各々で犬を
軽く動かしたり、落ち着かせてたりする。
今回は先生にアドバイス貰って動き始めようとしたらば。。


リンク裏側の垣根近くで練習していた犬が、ガウガウ言いながら
暴走してこっちに向かってくるぅぅ! 
飼い主さんは必死に呼んでるんだけど、犬は走り回ってフリー
ダム満喫ちゅう。。
そしてラビ子の意識は完全にそっちにフォーリーン!
(T▽T)ひぃ~

どうやってこっちを向かせようか?
どういう態度であるべきかと、私もアタフタちゅう。
集中がすぐに戻らなくても、こちらを向かせるべく名前を繰り返
していたら、ハッとこっちを向きだした。
一回向けば続く。
そっから動かして少しいい感じになったと思ったら。。



今度は小さなおこちゃま2人が「きゃぁぁ~~♪」と楽しげ~な
嬌声をあげて脇を走り抜けていって、ラビ子の気はおこちゃま達に
フォーリーン!(T▽T)
もう時間もないしどーしよう(汗)
なんて、またもアタフタする私に先生は

「犬に負けないで!」
「犬の気持ちに負けない!」と繰り返す。

あっ!・・そうだ。
そうだよね。

今必要なのは、焦ってバタバタする事じゃない。
必死になってお願いする気持ちでも、気持ちの乱れから怒声を
発する事でもない。
自分が犬に負けないでアプローチする。だ。

犬の動揺に自分が引っ張られない、ペースを持ってかれない。
自分の足場を犬に乱されない。
気持ち切り替えて、冷静に毅然として伝える。
穏やかに、けど逃さない。流れはこちらがつくる。

日常でも気に留めておく基本な事のハズなのに自分の経験値
が低い場面で焦ったり迷ったりすると、ベーシックな事さえ
見失ってしまう。
あはは~、まだまだひ弱だねぇ。
けどいい。経験積んで、ちょっとづつ強くなろう。

「犬に負けない」
この日、改めて大切さを感じて自分に響いた言葉でした。



流行感冒 

子供2匹に続いて、私も翌日の検査で+が出ました。
こんな時は親子平等でなくていいのにー。

帰って豚汁をどっちゃり作って、以降の3日間私は寝てようび。
インフルエンザ&寝てばっかしのせいで腰&背中がいたーい。
口もまずいので、昨日はいれたコーヒーがなーんだか不味いし
タバコもまずい。。

私が動けない間は、自動的にラビ子も寝てようび。トイレしに庭
に出る以外はずっとお家。
退屈はしてるけど「しょーがねぇわ」と側でごろごろしてしてる
しかないのねーん。
つまんないけど、こうゆう時もあるさ>ラビ子はん


でも、たまにご用聞きもあるのよー。

お得意の、電話持って来てーとかのブリング系お遊び。
電話を落としながらとか、みかんに穴あけながらとかしつつも
持ってきてくれて、かわいいのー♪

IMGP7632.jpg
えいほっ♪ゴミ出しもるんる~ん♪
(今日の写真じゃないけど)

今日は熱も下がったし、まだ安静にしてるけど明日は河川敷で遊ぼー
ぜ♪



うちにも来た 

うり家のがきんちょ一号は、土曜・日曜とフツーに元気だったのに
昨夜はへにゃへにゃして一号のクセにさっさと寝ちゃったなぁと、
ちと心配して夜中に様子を見に行ったら、熱が高い。。


あーーインフルエンザが家にも来たかぁ。
ちゅう事で翌朝は病院行き。
今週は特に発症が多いらしくて、感染症受付だけで病院は混み
混みでした。
受付の間一号は車に居させてたけど、待ち時間が2時間以上に
なるので一旦家に戻る。

その後、診察に行って病院から帰ったら、2号がお家にいるじゃな
いのよ。
聞けば1号&2号のクラスでも今日付けで学級閉鎖だって。
10月に入ってから子供の学校では学級閉鎖が相次いでいるし、
それは近隣の学校でも同じみたい。
夏前までとは違って、今の感染の勢いってすごいのね。


2号も今日の夕方から症状が出て、病院で行ったら1号と同じ診断
を受けました。
次はワシの番かの。
でも、なーんだか今日は晩ゴハンが美味しくて、どんどこ食べてし
まいますた。備えか?

皆さん、うがい&手洗いで予防は大事ですよー。

IMGP6493.jpg
ここでいい?
ラビ子はここでうがい手洗い丸洗い希望よん♪
・・と申しておりました。
近いうちにまた川で遊ぼうかね(^^



オビ1 

昨日はオプデスのオビ1に出てきました。

IMGP7646.jpg
らみはがむばったのー。
らみは疲れたのー。




オビ1は全科目リードなし。

脚側行進
脚側で直線40歩→反転ターン→常歩10歩・速歩10歩・
緩歩10歩・常歩10歩→右に2屈折して20歩→反転ターン
復路10歩で指示なし停座→10歩で左屈折→群衆で8の字。

常歩行進中の停座 
常歩行進中の伏臥→招呼



前回のチームテストで次回の課題にしていたこと。
・競技中・休止中はリンク内での匂い取りをさせない
・緊張して自分がコースを間違えない
・科目の合間に褒める
・少しでもマイワールド化
・ドナドナの歌みたいな顔しない


で、今回は。。
・匂い取りは、休止で伏せた時と待ってる時の2回、共に一瞬。
・今回はコースは間違えなかったけど、ペアの競技者との入れ
 替わり時に動くタイミングが分らなくて指示してもらった。
・ニカーッと褒めてたのは、もう終わる頃(^_^;)
・所々で良い所は出せてたけど、それも終わる頃。
 鈍足なマイワールド化でした。
・入る前から自分の先生に「笑顔で~」と言われる



講評
犬の脚側位置の理解度が高く、正しい位置からずれないが緩歩から
集中が低くなってターンでやや遅れる・群衆でもやや遅れ気味になっ
てしまったのが惜しい。
反転ターンでもっと密着が欲しい。
指示なし停座はもう少し早く。(遅かったのよー)
常歩中の停座・伏臥で犬の動作は問題ないが、ハンドラーが身体を
捻るようにしてコマンドしたのは体符とみなす。
状況下の休止は問題なし。

50点満点中 45点

(出来は別にして)ジャッジの先生から「いい雰囲気のペアでした」
って言ってもらえたのは、とっても一番嬉しかった♪


脚側は一番近くで見ていて中盤から「あぁ~良いとこ出せてないなー」
と感じていたです。
普段の練習でも、最初の脚側行進全般とその後の行進中2姿勢に入る時
とでは犬の集中度とやる気に大きく差があるのは先生に指摘されていて、
2姿勢で見られる良さを脚側全般に広げて行くにはどうやろうかの~?
と考えてぐねぐねしてた課題がそのまま出た。

身体を捻る体符を自分が出しているって、これまで意識していなかった
ので指摘されていい発見でした。
自分の緊張と、その下で「ちゃんとやらなきゃ」の気負いがモロに出た
のが分る。

「科目の間に褒めてるつもりで褒めてない」今回も後になってやって
ないじゃん。ワシのボケー!でした。
皆さん見てると、さらっとでもキャピッとでも褒めて気持ちを上げたり、
肯定していて、今回も「あぁ、自分はやってないなぁ」と感じたし、
緊張してるとそんな余裕もないんだなーとか、場慣れの低さもよーく分
ります。。
褒めるのは解放ではなくて、気持ちの切り替えでもある(特に今は自分
に必要かと)
今の段階は競技であっても、まだ合間に褒める事は充分に許容されるの
だから、合間を上手に使って気持ちを切り替える事や、課目に合った
気持ちに上手く持っていく事もやっていきたいな。
その辺もっと柔軟に。そして楽しむ姿勢を忘れずにね(^^

もっぺんじゃー。






続きを読む

雨続きだけど 

ここ3日間は雨がしとしと。。

こんな日には河川敷で訓練&遊ぶ♪
2日共にグランドは誰ーもいない貸し切り状態で、グランド好き
に使いたい放題、走りたい放題(^^
じゃじゃ降りでなければ、地面の状態見て追求も出来るし(こう
いう状態は、普段以上にマジメで調子もよろしい。)

雨降りの日はグランドが柔らかいので、ラビ子はダッシュ&スラ
イディング遊びしたり、私が水たまりをビジャビジャ踏んづけて
水飛ばして遊んでれば乱入してきたりと、散々ドロびちゃになって
おばか遊び三昧して帰ったら、一緒にシャワー入ってサッパリ♪

今日の夕方は雨がやんでた時間もあったからチャリ引き出来たし
台風来てる割には不自由なく遊べてるから、大きな台風が来てる
気がしてなかったけれど・・・夜遅くなってからすごい雨。

やっぱり台風接近して来てるのねーん。やだなー。
家ボロいから心配だわ。。


IMGP7604.jpg
空き容器のお掃除をして頂きませう。
ラビ子!マズルガード装着よっ!


IMGP7606.jpg
うっとりと目をつむってマズルガードもどきを堪能ちぅ。





ある日の海 

ブリがいなくなってから時々、ずっと前にブリと遊びに行った場所に
ふらっと出掛けてたりしてます(^^


IMGP7594.jpg
この日はブラブラ歩きしに海にお出掛けして



IMGP7481.jpg
ついでに観光しておのぼりさんちっくにパチリ☆



IMGP7470.jpg
くまは私より30センチ以上背が高いので、一緒に居るラビ子も小さ
く見えるけど、私とラビ子が仲良し観光ごっこすると・・↓



IMGP7471.jpg
あまり背が変わらない(笑)

渦巻く海面を見て。。
ラ「ほら、おかーさんシャケよ!シャケ泳いでる!」
私「・・あれはジョーズよ(嘘)」


私、身長小さいんです。
自慢じゃないけど、小中高で背の順で並んで前から2番目より
後ろに並んだ事がないのー。


IMGP7487.jpg
てけてけ歩いてると心が落ち着くお散歩・・・


IMGP7488.jpg


・・とか、いかにも静かに歩いてるみたいに嘘ぶきたいけど(笑)
大ー好きな海とあってラビ子は歩きながら回ってはしゃいだり、許可
が出たら泳ぐわ穴堀ったりと、まーノーテンキなお散歩でブリを忍ぶ
どこじゃないのがミソでした(^_^)




プレッシャーと 

防衛の禁足咆哮で、声が続いて出てきている。
ヘルパー先生に対しては続けて12声くらい
自主練では7声くらい。
作業に対して「ここはこれでいいのよね」な自信が少しづつついて
来ている。
でも、その成長具合に応じてヘルパーから掛けられるプレッシャー
も上げられてるから不安や緊張は勿論まだ大きい。
それが分り易く出るのは、やはり噛みのシーン。
先生が意図して挑発や興奮を持たせてバイトピロウを噛ませると、
心の安定が定まらずに、にじにじ噛み直しが増えたり唸り声が出る
辺がそう。


 * * *

防衛の中の服従の練習でフス(付け)のコマンドに対する反応は、
練習に入る時に脚側を指示すると、期待でヘルパーの方に意識が
行きがちでソワソワするも、作業が始まるとフスを指示する場面での
反応は意外に良い(ラビ子レベルの話だけど)
ここ3~4週で「あれ?なんか前より良いじゃん」と感じている。

オビの中での「フス」と防衛の中での「フス」は、同じ動き(基本
姿勢&脚側)を指示しているんだけども、科目のシュチエーション
はかなり違うので双方の中の共通項を理解するのは、まーだまだ
時間が掛かると踏んでいたから「防衛の服従とオビとの一部が少し
リンクしてきてるのかな?」なんて喜んじゃったりして。。(^_^;)
一部にそういった繋がりが出て来ているのは認められるけど、それ
以外にこの日見えて来たのは「緊張からの解放」。


吠えるコマンドで、ヘルパーに向かって吠え続ける
じっと立ちながら隙を見せないヘルパーから、獲物を噛んで良いサ
インを読み取ろうと対峙するプレッシャーは強い。
彼女的にはフスのコマンドで、意識を私の方に切り替えて脚側する
のは、先の緊張からの言わば「少々リフレ~シュ」になってもいるし
先生曰く「悪い言い方をすれば、一旦の逃げ場」でもある。
普段にはない、この場でしか対峙しない程の強いプレッシャー。
その中で気持ちが一旦ラクになれるから、フスの切り替えがスムー
ズなのでもある。。


防衛作業をやっていく胆力や自信を養って行くのにはとても時間
が掛かる。
今の心持ちがある内に(作業の理解が深まって、ヘルパーへのプレ
ッシャーが大きな期待に変わって苦労する時はいずれ来る。)
それをうまく使って、防衛の中の服従と切り替え意識付けを明確に
作っていきたい。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。