スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ママちゃん根性がさぁ。。 

12月後半、久々に追求をみてもらう。

11月にIPO1を受験して、辛くも受かったことだし、近い内に出したい
な〜と思っている競技のレベルと条件を踏まえて。

乾燥した広大な耕地、他人臭、500歩強、置き時間は50分。
風はあまり強くないが、所々で肥料臭がくさい。


他人臭は初めて、耕地は久々だし難しいのが分かっておりますので。。
私、犬がスタートしたらすぐに付いて行きたい(リードコントロールし
たい)で、先生に制止される。
コーナー前でリードを止めたがる、コーナー通過後に押してやりたいなど
もーアシストしてやりたいママちゃんな心理がバリバリ。

終了後にそこを「自覚してましたよね?」と先生に聞かれる。
えー分かってましたとも!
分かっている上で難しい場所でミスさせない様にコントロールしようと
しておりました。
が、
現段階ではもう正解を教えるのではなく、犬に考えさせて、そこから出た
自主性を育てて。
迷ったって失敗したって、その為の練習なんだから。とバッサリ。

「それでいいのか?おい」と偉そうに問うてやる位の気持ちで、その先を
踏み出すのを待つ。
そこから一歩踏み出すのを肯定とする。
確信は教えてやろうってものではなくて、犬に気付かせるもの。

そうだね。
待ってあげないと、考える時間をあげないと、あの子の中で正解は何なの
かって理解の芽は育たない。強くもしてあげられない。
スタートしたら手助けしてやれる事がほとんど無い競技だから、難しい所
でも自力で粘りきれる強さが求められるのにね。

毎回のことですが、またもや私仕切り直し。ムキー!





スポンサーサイト

近くだったらな~ 

今年最後の合同練習。。の前に追求。


PAP_tuikyuumae.jpg
朝8時前。。あくびしちょります。


家の方面では、ここみたいな条件の場所や牧草地なんでないから
嬉しいざますよ♪
ここも、早朝出ても車で3時間掛かる場所。。もっと近くだったら
な~っちゅうかこっちの方に住みたい(笑)






ボロカスな日 

追求はちまちまと自主練で安定してきてて順調~と思ってたら
追求の合同練習会でボロカス。。


練習しなれていない地面の難しさ、長い置き時間、試験を意識して
審査も付いてもらうとか、そういった初めての状況で見えたのは、
どのような場でも犬に自信を持って作業に入る様な練習を普段して
いないってこと。。

スタートしたら一切の手助けが出来ない競技なのに、犬に不安さ
があるままスタートさせてしまう。
しかも、その気持ちが下がっている状態を「落ち着きがある」と
捉えていた(まぁ確かに浮ついてはないけど)自分の観察眼の無さ
と考えの浅さにガックリ。
これまでスタートの大切さを散々言われてきてるのに、こういった
場でやっと思い知るアホハンドラー。

線を辿る事は出来ても、条件の厳しい場所でも「探す」ことを
絞っていないパターン化した練習しかしてないのも透けて見える。
工夫してるつもりでいたけど、いや~全然足りてない。
場所も、印跡の仕方も、こうした所を想定した形の取り方とか
もっと練習の幅を広げる事も必要。

などなど。。やっているつもりでいたけど出来ていない事の多さ
に気付いて、私のヒットポイントは点滅状態(T_T)
けど、全てがダメな訳じゃない。
やって来た事に、気付かされた事をプラスしていく様に考えて
また練習して行くだけ。
ラビ子、へなくそハンドラーでごめん。


自身の経験を元に為になるアドバイスをくださった方々に感謝
しつつまた頑張るぞ~♪



耕地 

合同練習の前にちと追求を。。と思ってすぐ隣の耕地に入ってみた。

耕耘機でひっくり返されたままの土なので、デッコボコなのは見て分
かるけど、乾くと思ったよりガツガツに固い!
どんどこ踏んでも、ぱらりともしないよ。
ここで追求?難し過ぎる!という場所だけど、皆さんこうゆう場所も
使って追求をしてるの。。。ほげー!


けど、こうゆう条件で練習出来る場所なんか他にないから、ここに
来る機会にはやってみよう♪

今まで牧草地や、草地と土やジャリの合わさった所で(地面の堅さ・
深さの違いもある)追求は出来てたけど、ボッコボコで固く乾いた
耕地は初めてなのでまずは慣れで。。30歩程。
スタート地点と数歩にはエサ。

すぐに支度して開始する。
最初は鼻はつけてても足はじ~っと止まって考えてる。
少ししてエサを拾いながらじ~っと嗅ぎつつ、ほとほと進むけど、
土には時々鶏糞を混ぜてるので、なんか嗅ぎ方や目つきが獣臭を追う
時のになってる。。
足跡への集中が低いと逸れ易いだろうな。

今、他の場所で追求する時はエサの報酬は限られた一部なのだけど
その使いどころで意識が足下の地面に行っていると感じるが、こう
難しい場所だと慣れる導入をゆっくり入れないと意識が「地面」
より「前」になってしまいそう。
エサは2つ残しあり。

足跡をどのくらい足跡だと分かってるのかな?人間レベルじゃもー分か
りません。
難しいので、暫くはこうゆう場所もあるよ~と少しづつ慣らしていく
つもり。
次回の方法は。。30センチの円でやってみるかな?

けど、ボッコボコ過ぎて円にならないのが難点だな(^_^:
どうやろうかな~




さいきんの追求 

2ヶ月くらい前から、リードの距離と印跡の置き時間を伸ばしだす。

歩数は400歩位 コーナーは5歩で曲がる角を2~4つ
S字までしなくても、湾曲を入れる
草地~土(もしくはジャリ)の地面の変化する所も入れる。「追求は
草地だけ」な意識を付けない

印跡してからの置き時間は40~50分。
20分置きと1時間置きとでは難しさが段違いと言われるから、今は
その中間でしょうか。。

この置き時間で追求して感じるのは、風の強さや向い風で受ける影響
が前より大きくて、風で周囲にこぼれた匂いを拾うのか顔を振るのが
多くなったのと、変化点を見逃し易い、たまたまあった他臭に乗りや
すい。(ので湾曲をよく入れる)

間違っても2~3歩で違いに気付いて探すが、すぐ後ろの原臭まで戻る
(なんて器用なことは出来ない)ではなくそこから探す。
そこから探すのはよろしいけど、ラインから数歩外れた所辺りの既に
通った所を探すので余計に荒らしてしまう、前程ジタバタはしないも
のの次第に焦りも出て来がち。。
真面目ではあるのでそれ以上外に行かない様にリードはコントロール
して、ラインを探して戻れるのを待つ。
態度は良い。
犬との距離を離す様になってから、私に頼ろうと振り返ったり戻るの
は減ったけど、まだまだ危なっかしい。

今重要視したいのは、離れた距離でも迷った状況下でも、自力で作業
を完追させること。
自力で遂行出来る強さを育てていくこと。
なので細かい所まで要求しようとせずに、大目に見るところは大目に
みながら求めたい所を丁寧に反復する練習を重ねる。



やっと使える♪ 

さて追求。
練習内容の変更とか、特に目新しい事はしてないから書いてなかった
けど、ちみちみ練習しとります。


去年の秋から追求の練習に行ってる場所も、5月にはもう草丈が高過
ぎで使えなくなっちゃってたけど、日曜日に散歩がてら見に寄ったら
草刈りがしてあってよろしい高さになってる♪
今、追求の練習場所は3箇所使ってるけど、やりたい練習を地味に重
ねていくのにここはよろしいので、使えるのは嬉しい~。

ちゅうことで翌日はもちろん追求デー(^^

・・だけど、暑くて昨日行ったのは夕方。



SANY0208.jpg
スタート前、ラビ子待機中。



印跡は400歩前後(私の歩幅は大きくないですが)
置き時間は、天候や条件にもよるけど30分程度。

練習では、大抵犬の後ろ4m位の近さで後ろについて進んでる。
ここの所、後ろから見ていて作業が乱れる事が少なくなって来た。

まぁそれは、難しい状況(強い向かい風に向かって進むとか、ごく
薄い印跡で1時間放置後とか、慣れてない超テクニカルなコースとか)
にしないこと。
場所が違っても、狙う内容とそれに要る条件を揃える様に設定して、
作業を荒れさせないことを主体にしてるから。




(ここ最近の印象)
スタートから1物品までの安定度は距離が長くても、屈折点を2つ位
経ても大分信用度が高くなってきた。
2物品までも大抵静かで、変化にもさして慌てず自分で探す。
コーナーで半身出てしまう事が多いが、気付いて左右確認して探し進む。
2物品から先は物品を増やしても、もう後半なのを察していてこの緊張
からの解放が近いのを犬も意識してる。
すがりつくように物品をポイントすることまではないけれど気持ちが
少し浮きがちになる箇所。

全体的に内容は良くなってるけど、緊張感も高い。



(改善したいところ)
スタートでの緊張感が高い。これが中盤までの集中と義務の意識に繋が
っているけれど、終盤で期待にすり替わってる感もある。
今はそのバランスが悪くまではなっていないけれど、緊張を重圧にし
ない様にしたいところ
ほどよい緊張を持たせるのと、重圧とをハンドラーが混同しないように
意識。
今後の為に後半で地面に意識を向ける対策をいれていく。

コーナーで半身出そうになって「おっと!」って気が付くところ。
気付くからまだいいんだけど、やはり「おっと!」ではその時点から
先の平静さが欠けてくる原因にもなる。

後半のイメージを、前(物品)でなく足下。に。
後半「落ち着け」の合図をリードで送っても意識が前のめり。
物品をポイントした時に感じる犬の心持ちは、達成感よりも安堵感。。
そこから再スタートするとまた心が動くので、その様子見と対策を考
える目的で物品の置く数は1~4個で毎回同じにしない。
一旦の落ち着きにはエサ。



(今後)
作業全体に凸凹が目立たなくなったのは良いので、内容を広げていく。
コース距離を伸ばす。(後半のイメージを足下に持たすのと平行して)
犬との距離も伸ばす。(これ、自分の心の動きがリードの扱いに如実に
出ると思う)

今もこれからも一番の目標は、終始平静な心持ちで作業すること




相変わらずハンドラーは右往左往してます。。
そもそも、追求のなんたるかの右左も分からないのに、どーしても
やってみたくて習い始めた事だから、鼻を使う事が得意なラビ子の
成長に人の側がついていけない。
犬の内面と外面の両方を視る事が多い作業だけど、その経験値が低い。
経験値が低いと、当然要る観察力も洞察力も低いから、作業を理解す
るのに時間が掛かる。
それはしょうがない。
そう分かってても、少し前まで気持ちが前のめりになりがちでした。

目標はあるし、目標をもつのは大切なことだけど、正直言って今何処に
いるのかって現状が分からなくてじりじり焦ってる。
焦って前のめりになると、足下を見るのが疎かになる。
足下みて、考えて、狙いたい内容を踏んでいくことを丁寧に反復していく
ことが一番大事。

ハンドラー焦らんで。




おさがりの 

今、追求で重要視したいのは練習内容の云々もあるけれど、もっと
条件のよい場所を探して練習することが必要って痛感してる。
これまでも場所を探して、遠くまで練習に出てたけど自分の経験値
不足なハンドリングで追求するには、条件的に雑味がありすぎで
犬に伝えたい事が伝えられていない。犬に分かり難い事してる。

そんな事をずっと考えながら場所探しをしてたけど、2週間前、
よく行く緑地公園の周辺の辺鄙なあぜ道を歩いていたら、条件の
良い場所があったじゃないの。
ここ、休日は公園周辺の里山風景をハイキングする人はいるけれど、
車を止める場所もない辺鄙な草地(一応公園)で平日は誰~も来ない。
そんな草地がみっつも!
しかも家から8キロ圏内!あっぱれ~!


ただし、公園の駐車場からちょいと距離があって、ノートや追求用の
リードやらマットやら色々持って行くのに私の小さいリュックじゃ
入りきらないから、押し入れから久々に犬用リュックを引っぱり出し
て背負わせてみた。



IMGP8665.jpg

これ買ったのは。。5年くらい前かな?
ハニ子を迎えてから、その昔はなかった色んな犬用グッズに見とれ
て「へぇ~」の連発で犬用グッズ買うのが、すごーく新鮮な時期
だったな~(^^


今日もおさがりのリュックでお荷物しょっていってきま~す♪


IMGP8666.jpg


キャンプ場近くで 

雨キャンプの後は、せまいお庭でテント&タープ干し。

SANY0018.jpg




先日、キャンプ場近くで追求したときのメモ。

初日は曇りだったから、隣の広い草地で追求。るんるん♪
ここは人は入ってこないけど、山羊が繋いであるから所によって
黒豆ちっくなフンがパラパラ落ちてる。。 
嗅ぎ好き的には、さぞかし香しくて楽しいらしゅうて、ぶっひん
ぶひん鼻鳴ってる。。(^_^::



今の所ずっと前半~2物品位までは、気持ちはフラットで尻尾も
振れずに集中してるんだけど、後半になると気持ちが軽めになり
がち。。前よりマシとは言え、これはずっと前からの課題。
この場所だと香しさでそれが出易そうだし、対策に長いコースの
前に、カド一ヶ所の短い練習をひとつ。

長い方は300歩位、変化4ヶ所、3物品のコースひとつ。
場所の条件がいいから(誰も来ないし)放置時間は40分。


最近カドや変化のある場所を通るとき用の対策がちょっとづつ効い
てるのか、変化があるとそそくさと早く過ぎようとするのは減って
きたのだけど、そこでの集中力はまだまだ。
屈折とかラインの変化点で2歩程行き過ぎて、嗅ぎ失った時なんか
に動揺するとプツっと集中が切れて鼻使いが雑になる。自信がない。
今はそこで、回らせない、戻らせないを狙うのが一番の課題。
探し粘るなんて、まだなんて遠いんだろう。。


場所が違うと楽しさなんかから、長い直線で早さが出やすい、特に
ここみたいな魅力的な臭さがある所だと尚更なので、早めにリード
のたわみを使って合図。
最近練習している場所が偏ってるのもあるかな。。
大元は義務感を教えられてないからなんだけど。


練習とコースの見直しを終わって、伏せてるラビ子の所に戻って足下
を見たら、四葉のクローバー見つけちゃったー(^^

SANY0023.jpg



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。