スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

単課目ジーガー 追求 

単課目ジーガーの追求にエントリーしてきました。
初めてのIPO3競技、他人臭は片手で数えられる回数(^_^:

2週間前のIPOセミナーでアドバイス頂いた事と、初歩的なコテ入れ
箇所に重点を置いた練習と、この場を想定して強風の吹く耕地での
練習を重ねてのチャレンジ。
不安はあるのだけど、それで今の機を逃したらチャンスはまた1年先
になってしまう。
何の為に去年IPO1を取るのに頑張ったのか?の理由は、数少ないIPO3
の追求単課目でエントリー出来る競技会を目標にしてたから。
今出来る事でチャレンジして、次に繋げて行く勉強にしたいからの参
加です。


牧草地は思ってたよりも、草はあるが、うねも多い。
道から河方向へ奥に進んで屈折だが、牧草地のかなりギリギリまで行っ
て曲がる。うーむ。

出番は昼前。

ラビ子、スタートは落ち着いていて丁寧、1物品での指示は明確。
再スタートも尾はふれていない、1コーナーで左右に迷うがコーナー
右折して復帰、少々早くなるが自身で落ち着く、2コーナーは迷わず進
んで2物品をポイント、物品の指示が斜め、再スタートは落ち着いている、
3コーナーはオーバーして右折、4コーナーも数歩進み過ぎて戻った後に
オーバーして左折、最終物品の指示が斜め。

結果はSG評価に引っかかりました。
作業態度は全体的に落ち着いていて、焦ってしまいがちな場面の後でも
然程早さが出ず、よく頑張っていたと思います。
ラビ子、偉かった☆


ただ、今回はお天気が曇りで、例年の強風がなかったので条件的には例年
よりも良かったことが幸いしたと思います。
一番難しさを感じている条件も、来年に向けては充分に時間が取れるので
強風、耕地の練習を、初歩部分の充填と共に続けていって、来年またラビ
子と頑張ります。
ラビ子、いつもありがとう。
先生、ありがとう。


スポンサーサイト

WUSV世界選手権 日本代表選考会 

週末は岐阜県でWUSV世界選手権の日本代表選考会がありました。


img082.jpg

既に結果はシュッツフントクラブのHPに出ていますが。。

まずは


師匠の前島先生&Lucky vom kyoto masuda ペア

デビュー戦にして、予選通過おめでとう御座います!
前島先生とラッキーの今後益々の御活躍をお祈りしてます。


この日の為にずっと練習されてきた出場者の皆様、本当にお疲れさま
でした。
2日間の作業で心が沸き立つ瞬間に何度も出会えて、本当によいもの
を観させて頂きました。

上位ペアの作業の素晴らしさは纏う空気すら違うと(特に追求で)
感じ圧倒され、また同時に全てのペアの作業にも、ここまでの道のり
に決して近道など無いのだと胸が熱くなりました。

競技会をこの眼で見に行くのって、結果の点数や競技だけからは読み
取れない多くのものを感じ、味わえる貴重な場です。
トップハンドラーが出る質の高い場なら尚更。
観に行って良かった!と心から思える機会でした。




まさかの出番 

先日あった競技会は、今回はおヒートで申し込みせず。

ラビ子を連れて行くのやめようかな~と考えてたけど、広い公園だし
会場でなければお散歩も出来るよね♪と連れていった。

で、友人の出番を見学して、友人知人と立ち話してお気楽に会場を見
て回ってて、リンク脇にいらした訓練士さんに会ったら最終ペア
(発情犬)のダミー役を探していた所で、そのお話をラビ子に頂いた
ので「どひぇーーっ!」とおののきつつも出すことに。。

さっきまで、お気楽にル~ンルンしてたのに、話を受けたら心拍数が
一気にドーーッと倍増したのが分かりましたですよ。
(小心者)


で。。


IMG_6974.jpg
まずは休止


緊張しすぎないつもりで始めたんだけど。。脚即は往路以降は集中が
さっぱり~な状態。
演舞中笑顔ではいたものの、こりゃまずいわと群衆内は「こっちこっ
ち」と声を掛けるも指示なし停座はゆっくり。
競技の合間や基本姿勢につくのは、のっそり感炸裂(^_^::
この辺の本番中で気になっていた所と、マメに取り組んでいる脚即を
練習モードには持って行けなかったのは残念。


IMG_7029.jpg
行進中の立止

ただ、脚側以降の課目は普通に行う信用はあったし、障害板で行きに
当てた(毛がハラ~リと飛んだの)以外はほぼOKで前進も良し。



 ーーーーー


普段練習していても、いきなり本番って難しいもんだな~と感じまし
た。
ヒート中なのも手伝って余計に焦る気持ちを、どうにかしようとして
もそうゆう時って、自分の何がそうさせてるのかを自覚出来てなかっ
たりする。
何度も言われてるのにね。

けど、脚即以降から人犬共に気持ちがリラックスして、課目に不安が
ないのってオビ1に出てた頃から変わらないな~
それだけ、脚即って競技課目として大きなウェイトを占めているし
長い。
それだけに自分の気持ちや心理状態がすぐに犬に反映されるし、また
そこでハンドラーの気持ちが引っ張られてしまいがちになるものだな
と改めて感じます。

あーでも今思えば、いろんな面で中々ない機会だったんだから本番を
意識し過ぎないで練習しちゃえ位な心持ちで挑めば良かったよ。

友人や先生と話していて見えたこともあるし、為になる良い経験をさ
せてもらったなと思います(^^
mitsuさん、写真ありがとう~


BHおぢゅけん 

今年からIPOを受験するのにBHからの段階受験になったので、先週末
にBHを受験しに行ってきました。

私、JKCの競技会に申し込みするのも、出るのも初めてなんだけど、
正直申しまして各種手続きがオプデスの数倍めんどくさくて(オプ
デスは血統証登録がないから)手続きだけで、もーやれやれ。。


さてさて。。競技会場の賑やかさと、ぬかるんだ地面に喜んで浮かれ
出すラビ子は、お知り合いの方々の近くでしばし馴致。。

BHの結果は合格でしたが、Aセクションはスタートで躓く(^_^::
競技会で取るいつものタイミングを取る機会をのがしたなと思いつつ、
紐付きで歩き出したら案の定、ラビ子は何をやるのかをはっきり認識
してなくて、競技脚側をするでもなし、匂い取って好き勝手するでも
なく、紐付きは終始てれれ~ん・のぽぽ~んと付いて歩くだけ(笑)
脚側とは遠い theお散歩!な歩きでした(笑)

それ見て「ありゃま~」と思うも何故か焦らず。。けど声も掛けられ
ないから笑顔だけキープで紐付きを終えてリード外したら途端に
「あ、いつものね♪」と認識しだして、それからはいつもの楽しい
脚側~行進中作業に進んでおしまい。

序盤の立て直しは他のやり方もあったとは思うけども、今回は焦らな
いでいたのを良しとしときます。
まぁこの辺やスタートミスは、この先の勉強として活かそうっと。


Bセクションは、周囲に過剰な反応をしないでフラットにしていれば良
いので脚側とか形にしないで審査の方に指示された方向(走って通り
過ぎる群衆や、バイクが通り過ぎてく)にてけてけフツーに歩いたり
その中で伏せさせたり。。別にフツーにしてるだけなんだけど、試験
って呼ぶものはキンチョーするものね~
終わってほっとしました(^^



同時開催されていたIPOの公開試験は追求だけ見られました。
実際の試験の場で、人様のスタートのさせ方や、そこで何が誘導と見な
されるの?とか、もしもの時にどんな対処してるのか?とか、普段練習
しながら疑問に思ってはいても見る機会が少ないことも見られたり。。
(試験と競技じゃ違うので通用しないことも多いけど)


終わったあとは、せっかく場所があるから追求♪
お天気はどんより曇りで寒かったけど、雨降らなくてラッキーでした。



お家に帰ったら、焼き肉奢ってもらっちゃった♪わーい(^^



オプデス オビ3 

土曜日はオプデスの競技会でした。
公開練習の時間は7時前なので、家を出るのは4時台。。それに
合わせて目覚ましをセットしたんだけど、日曜&祝日設定に
しちゃってて、朝うつらうつらしながら「目覚まし鳴らないね~」
って思ってたら30分以上お寝坊してしまいました。

会場に着いたら、まだ公開練習の残り時間があって、会場で運営を
している訓練士さんからは「まだ出来るから、練習していいよ~」
と声を掛けて下さったのだけど、ラビ子をこの場に慣らして私の声
をきちんと聞く体制を整える方を優先したいので公開練習はなし。
この日は開催クラスの順番が1度からだったので、焦らずに場慣ら
し出来て助かりました~(^^


今回はラビ子といい雰囲気で作業が出来ました。
脚即の後半で出る、「いつもと違う~」と勘ぐりながら速歩で遅れ
るとか、周りを気にする散漫さも僅か。
課目自体には大きなミスもなく、よく頑張ってくれていました。


引かれている箇所
指示なし停座をもう少しだけ素早く
群衆内で、一瞬気が逸れた
伏せ~招呼での正面停座が斜め
立止~招呼で、正面で軽く接触、正面から付いた基本姿勢が斜め
持来の銜え上げにもう少しダイレクトさを
持来~基本姿勢に戻るのを素早く
障害持来 正面停座が斜め
休止~停座をもう少し素早く


得点は94点



原点箇所には普段は良好な箇所もあれば、前から原点の対象に
なっている箇所もあります。

斜めとか斜めとか斜めとか(^_^::

これまで課目の成立で見てきて後回しになってたけど、ここも
真面目に取り組んで「正しい位置」を教えていこう。



以下、ひとり反省会

全体の流れで見ると、課目は成立しているけれど課目の合間にゆる
~と集中具合が緩む。そこから次に望む集中を得るまでの基本姿勢
が、ちとたるい印象。
ひいき目に見ると「この場でも慌てずに、尻が落ちきって望む集中
を得てから課目を始めている」とも取れるけど。。ねれねれ(^_^;;

でも、前に気にしていた様な「障害に向かう時になると犬の積極性
がしゅ~んと落ちる」よりも向上しているので、ゆる~っを良い
雰囲気で前向きに伸ばしていきたいな。
どれもゆっくり、よく考えて、たのしく積んでいこうね(^^


あとは。。まだまだハンドラーが、ラビ子の集中次第で気持ちが揺
れがちで頼りないな~自分。。と強く思います。
以前よりも他所様の中に混じって練習する、ド緊張~!な機会にも
恵まれているんだし、使える機会を活してハンドラーの力を養うの
じゃ。



競技会でした 

はじめてのオビ3度に出て来ました。


3度では公開練習があって、2ペアに10分づつ練習時間が配分され
てます。
何をどの位練習しておくかは自分で考えてきたけれど、ペアの相手
がどんな感じ(順番とか、モチベーター使ってよいのかとか)で
練習して、そこに自分がどう入り込んで練習してくもんなの?とか
も、初めてなもんで全然勝手が分からず、どーも遠慮がちな練習に
なってたけど、まぁそうゆうのも経験ちゅうことで(^_^;
(友人の話を聞くと、D1競技会なんかの公開練習では2ペアづつ
時間が区切らてるなんてのはなくて、もっと大変なんだって。。)

ラビ子は練習しすぎない方が良いので、押さえておきたい所を2つ
(休止~スタートの意識付け&スタートのルーティーンと、障害
を一度飛んでみとくこと)課目の練習は前進だけでお仕舞い。
リンクを出てから他の方の練習を見ると、順番通りみっちり練習して
る方も結構いて「自分のプランで平気か?」な不安も一瞬湧いたけど
普段の様子からそうしてるんだし自分ペースが大事よね♪と思い直し
とく(^^


そこから出番まで4時間。。
(今回は進行の順番がオビ1・2・3の順番だったの)
練習中は持っていたお天気も、雨がさらさら降ってきました。


で、出番。

一番近くで見ていた印象は
課目そのものは割とこなせているけれど、進むにつれて基本姿勢に
戻るのが遅い、周りに気を取られていて集中がいまひとつ足りない
なと散漫に感じる所があって、ちと残念。
けど、そこら辺はハンドラーのせい。
ラビ子はよくやってくれました(^^


点数は89点




http://www.youtube.com/watch?v=ofVTB6RDnjc




その「合間で散漫になりがち」な所は、前回から課題にしてた所
なんだけど、この前と今回同じリンクで2回似た様子を見て感じ
たのは、ハンドラーの不安定さと馴致の不足。

前回は「周りの犬を気にしてる」って所しか気がつかなかったん
だけど、そこは私も普段から「周りに犬がいてもちゃんとやろう」
って意識していた点だからすぐ目についただけで、実際は多分2回
共、周りの犬だけでなくてこの会場の色んな喧騒に気がいってたん
だと思う。

ここでは毎回アジのリンクが隣接していて、競技中のエキサイテ
ィングな様子と、それを盛り上げる実況アナウンスがとても楽し
げです。
ここではその状況が普通だけど、じゃあそれにどう対処するか自分
が考えてなかったのが問題。
(というか、そうゆう喧騒に対してラビ子に目に付く反応がない
からそれに左右されてるとは考え及んでいなかった)
考えてない、やってない事は当たり前だけど出来ない。
最初の頃はもっと馴致に目が行ってたけど、いつの間にか競技ばか
りに眼が行って油断してた。。

普段、オビとアジのリンクが並ぶ環境で練習する機会は、ほぼ無い。
ならば、ここでの場慣れしかないのに、前も今回もリンクに出る
直前にアイドリングを上げとく事しか頭になかったもんなー
こういった場での緊張もあるけど、そこら辺すっぽぬけてました。

あと、ビデオ見て一番目についたのは自分の笑顔の恐ろしさったら
もう。。(^_^::
次回はもっとフツーにしとこう。。



競技と、その為の練習ってやってみれば、やってみただけの結果
があって毎回気がつく事や、見えてくるものがある。
それが普段「この犬(もしくは自分)はこうだ or こうじゃない」
って思い込んでいて、気がつけないでいた事だったりすると、目
からウロコです。
犬のこと、自分のことも色々気がつけて、考察していくとすごく
楽しいなって感じます。
だから一緒に競技(と、その練習)することはとても好き。

結果うんぬんよりも、経験だ!
明日っからまたやるぞー♪



以下は、ジャッジからの講評と原点箇所。
興味のある方はどーぞ。

続きを読む

やまありたにあり 

週末は競技会があって、前回と同じクラスに出てきました。

脚側がメタクソでありました。。
往路はイマイチだな。程度だったのが、反転後は動作はするものの
意識がリンク外にいっていて眼の端に映るものを意識しつつ歩いて
いるので、歩度の変化で横に逸れたり、行き過ぎる・遅れたりと
集中がすっかりさっぱり~な状態。

その後の3姿勢では普段通りで反応はよろしい
ダンベルもほぼ普段通りで悪くない
が、いずれも正面からの戻りが遅いとか、脚側がフワフワしそうに
なってるとか、次の科目に移動する際の合間がうわの空だったり
集中が低い内容でした。
私の側は。。競技中に焦らずに、補助も入れつつ落ち着くのを数秒
待って、いっこいっこを褒めることと笑顔。は頑張ったー!
・・つもり。


点数は89.5



結果がこうなる予想はありました。
それは、訓練の方でなくて、普段の生活面の方で感じていた行動
なんだけど、自分の都合でその行動と向き合う事を後回しにして
いたり、そうさせる理由を掘り下げて考えずに行動だけを押し込
めようと感情で躍起になっていたし。。(修正に即効な手段なん
てないのにね)切り替えが出来ればいいと思ってた。
ラビ子は普段の生活の中で「そうしていいのよ」って感じ受けた
事をしていたに過ぎないのよね。。色々反省。

山あり谷あり、でもこれで終わりじゃーないし(^^
ラビ子から感じ取った事を課題にして、飼い主兼ハンドラーがブレ
ない様にがんばるぞ。


ドギーズの。。 

先週末の競技の様子です。
ビデオ撮ってくださったキキとーちゃん、ありがとう御座いました。






減点箇所

脚側行進  減点なし
脚側~停座 スタート時に尻が浮いてる
脚側~伏せ~招呼 伏せ~離れて振り向いた時、ハンドラーが横に動
         いて呼んだ(止まったその場で呼ばなくてはなら
         ない) 
         正面停座が若干ずれていた。
脚側~立止~招呼 脚側で犬がハンドラーを押す様に被っていた
ダンベル持来   犬がダンベルを銜える前に足に当たっていた
         正面停座が若干ずれていた


以上、点数は96.5点でした。



講評でラビ子が競技全体を通して安定し、安心した良い状態であった
事を褒めてもらって嬉しかったです(^^


伏せ~招呼で、私が横に数歩動くっちゅうのは、普段気に留めずに
やっていて・・「ありり?犬の横からまっすぐ歩いてたつもりなの
にずれちゃったわ。わし身体傾いてるのか?や~ね~」なんて調子
だったもんで、ただのアホです(^_^::
他で気になったのは、正面から基本姿勢についた時の褒めの早さ。
チェックこそされていないけれど、やはり早い。
それと左手。自分が緊張してるサインでまくり(笑)

この辺り前回と同じ。
あとは・・歩く歩調をこの日ちっと早くするのを試してみたけど、
私の好きなラビ子のリズムちっく歩調(かわいいのだ)が出せな
かった。うりラビペアの素のるんるん雰囲気もバランス取りなが
ら出せたらな。。
競技を意識した自分の動きも、練習しとこっと(^^



今日はPTA 役員の方の仕事も報告出したし、面倒な仕事もこれで終
いだっ。わ~い♪



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。